見出し画像

会社概要

株式会社メディアコラボは、誰もが情報の発信者・受信者・拡散者になれるデジタル時代に、新たなジャーナリズム、メディアを一緒に作り上げていく会社です。ネット、新聞、テレビなどに限らず、企業やNPOなど幅広く情報発信の企画やコンサルティングなどのサポートをしています。

「Journalism for better X」

画像1

代表取締役・古田大輔
インターネットは「情報の民主化」をもたらし、かつて独占的な立場にあったメディアは信頼性と収益性の両面から、存在意義や戦略、ビジネスモデルの見直しを迫られています。

それでもメディア、そしてジャーナリズムの必要性は変わりません。我々は自分が知り得た情報に基づいて行動します。情報の質は、人々の行動、そして、その社会がどういう方向に向かうかに直結しています。

よりよい社会にしていくために、政治、経済、教育、医療、テクノロジー、文化、地域など様々な分野でジャーナリズムが果たすべき役割があります。

「Journalism for better X」(より良いXのためのジャーナリズム)

「X」に何が入るかはそれぞれですが、よりよい何かのためのジャーナリズムを根本から考え、実践していくために多くの人と協力していくことが、メディアコラボの使命です。

プロフィール
1977年福岡生まれ、早稲田大政経学部卒。2002年に朝日新聞に入社し、社会部、アジア総局員(バンコク)、シンガポール支局長などを経て、デジタル版の編集を担当。2015年10月に退社し、アメリカ生まれのグローバルなインターネットメディア「BuzzFeed」の日本版創刊編集長に就任。ニュースからエンターテイメントまで、ソーシャルと動画で急成長しているグローバルメディアで、調査報道やファクトチェック、LGBTの権利やジェンダー平等などの社会課題にも取り組む。

2019年6月に独立し、株式会社メディアコラボを設立して代表取締役に就任。ジャーナリスト/メディアコンサルタントとして活動している。その他の主な役職として、Online News Association Japanオーガナイザー、インターネットメディア協会理事、ファクトチェックイニシアティブ・アドバイザー、早稲田大院政治学研究科非常勤講師など。共著に「フェイクと憎悪」など。The City University of New York Craig Newmark Graduate School of Journalism Exective Program member。

業務内容

・取材や執筆、特集や動画の企画
・大型企画の運営
・イベントでの講演や登壇
・メディア運営のコンサルティング
・企業や組織の情報発信のコンサルティング

メディア掲載・寄稿

住所・問い合わせ

104-0053 
東京都中央区晴海3-10-1 Daiwa晴海ビル2F wework
株式会社メディアコラボ

info@media-collab.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

社会課題の解決や、より楽しい世の中につながるメディアの発展に向けて会社や業界横断的に取り組んでいます。サポートよろしくお願いします!

スキありがとうございます!
10
ジャーナリスト/メディアコンサルタントとして活動する古田大輔を代表に、デジタル時代のメディアや情報発信をサポートする会社です。ネット、新聞、テレビだけでなく、NPO、大学などの枠組みを超えて「社会をより良い方向にすすめるインターネット」を目指してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。